2015年10月01日

2015秋 SDA王滝 Sayo的参戦記

ありったけの気力を出しきって、準優勝〜♪
がんばりましたぁ(^^)V

005.jpg



ゴールはただただ嬉しかった〜♪
辛かった100キロが終わった安堵。

.001.jpg
やっと帰ってきました。



みんなが声をそろえて言う、日本で1番過酷なマウンテンバイクレース「SDA王滝」。
舞台は長野県王滝村。

HideSayoは 昨年の春王滝以来 3回目の参戦です。


前大会の表彰台選手たちはスタート前にコールされて召集。
最前列からのスタートです。

女子も3、4人コールされ、聞き覚えのある表彰台の常連選手たちが。
更にHideSayoがバイクを並べた位置より前にも何人か女子がいてる模様。


スタート時間の6時。
Hideさんといつものように握手をして、お互いの無事を祈る。

先にゴールして待っててねー♪


さあ100キロの長〜い旅が始まった。


走り始めは大混雑。
林道に入れば2列になって前に続く。前の人がつまるとその列に続いてる選手もつまる。
バラついて自由に走れるまではしばらく我慢我慢のアップダウン。


その間、チームメイトのくりさんと前後する。

しばらく曳いてもらったあとは先行してマイペースに走る。


ガレ場を上ったり、下ったり。

ただ繰り返す・・・


そのうち同じペースで進む選手が何人か。

関西の見慣れたジャージを着てる彼、ライン取りがキレイでホームも乱れない。
ちょっと頑張ってついていく。

「つかせてもらってます!」声をかける。

貯水池に出たところで先行して前にすすむ。

「ありがとうございました!」



この辺りではまだ気持ちもゆとりありで、カメラマンさんの応援にも笑顔で応える。

003.jpg


50キロを過ぎた頃、左の腰がイタイ。。。

ストレッチも入れながら止まらず走行。 

選手もバラけて走りやすいけど、上りで抜いた選手は下りでぶっちぎっていく。

60キロを過ぎた頃、左の腰は悲鳴をあげる。左肩から手にかけて、しびれて力が入らない。

両脚が全体に攣る。。。

辛くて辛くて、何度も自分を励ました。愛車に何度も話しかけた(笑)

走ってる最中は文句ばかり(笑)

「早く帰りたい!」
「もういやっ!」
「腰イタイ!」

ただただ気力で走ってた。

それでもまだ30キロは走らないといけなかった。



カメラマンさんに、もう余裕ないですっ! なんて、応援に応える。

002.jpg


70キロ地点を越えた頃。
 
女子発見!!!

上りで追い抜く!

いつもとジャージも自転車も違うけど、Tさんとすぐにわかった。

彼女は昨年の春、ゴール手前でパンク修理中に追い抜かれた一人。
今大会ではコールされて最前列からのスタート。


「ガチャガチャ」と愛車Epicも異音発生!

チェーンに注油した方がいいんか?と思うけどその間に抜かれること間違いなし。
だから、停車してメンテする余裕は無かった。


先行して下りパートへ。

苦手な下り、崖に落ちる可能性と隣り合わせの中「セーフ!」を何回言ったかな・・・


しばらくして・・・

29erのTさんとはすごい速度差、あっという間に千切られる。

次の上りで追いつくが 前には出る力は残ってなく、下りで姿は見えなくなる・・・・・



120キロコースとの合流地点まで下ってきた。 あと数キロ。

嬉しかった。

もうすぐ終わる。

今回はパンクなしで走れた。


それに、偶然にも120K走って来たチームメイトのbuchi君とゴール手前数キロで会え、後ろをつかせてもらってゴール♪

004.jpg

Tさんとは1分47秒。


来年はチャレンジの年になりそうです。


2015 SDA 王滝 9月 100KM
【リザルト】
6:27:18 総合123位 女子総合2位


posted by HideSayo at 19:52| 大阪 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする